INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2017年12月20日

市役所建て替え
西明石を候補地から除外
新庁舎はスリム化と分散配置で2万u程度に


建て替えを検討している市役所庁舎について市は、西明石駅周辺を候補地から外すことを明らかにしました。これまでは、現地建て替えとJRの主要駅(明石、西明石、大久保)を中心に半径1km圏内を想定し検討してきましたが、市は、西明石駅周辺については想定される場所が「現実的ではない」と説明しました。今後は、庁舎のスリム化と分散配置を含め、より具体的な検討が進められます。

12月議会新庁舎整備特別委員会で市が明らかにしました。

1970年に建てられた現在の市庁舎は、旧耐震基準で建てられたもので現在の耐震基準を満たしていません。さらに、阪神淡路大震災で重大なダメージを受けましたが、その後、大規模な改修などは行われておらず、今後発生が予想される地震に耐えることができる保証はありません。

これまで市は、庁舎の建て替え候補地として、現在地を含む明石駅周辺、JR西明石駅周辺、同大久保駅周辺を提示していました。そのうち、西明石周辺の建て替え候補地として想定していた上ヶ池公園(小久保)と公設卸売市場(藤江)については、いずれも利用率は高く、現在の機能を廃止し市役所庁舎に転用することは現実的ではないと判断し、候補地から外すことを決めました。

現在の市役所庁舎の床面積は約2万2600uですが、市は、新たに建設する庁舎をスリム化と分散配置により2万u程度に抑える方針を示しています。

現在地建て替え案では、16階建ての新庁舎を建設し、一部を民間に貸し付け地代収入を得ることを想定しています。

明石駅前での建て替え案では、駅北側の市営立体駐車場(約1万u)と民有地の活用などを想定しています。

大久保駅周辺を想定した案では、今後取得予定の日本たばこ産業(株)跡地(JT跡地)の活用を検討します。

今後は、現在地と明石駅周辺、大久保駅周辺での建替えについて、より具体的な検討が行われます。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved