INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2017年3月24日

討論 議案第8号
あかししこども広場条例の一部を改正する条例に対する修正動議

日本共産党 辻本 達也


私は日本共産党議員団を代表し、議案第8号 あかししこども広場条例の一部を改正する条例に対する修正動議について、反対の立場から討論を行います。
本修正案は、親子交流スペースの使用料について、原案では市内に住所を有するものを無料に、その他については1人1回につき300円としているところ、住所で区別することなくすべての利用者から1人1回につき100円の使用料を徴収しようとするものです。
市内に住所を有しないものの使用料を300円から100円に減額することについては、その根拠が不明ではあるものの利用者の負担を軽減するという点では得に異議を唱えるものではありません。しかしながら、無料の市民を有料にあらためることについては賛同することができません。
議案審査が行われた、あかしまちづくり推進特別委員会において、使用料に関する質疑を行いました。その結論は、本市の親子交流スペースの使用料として設定した額、すなわち1人1回300円という額は、近隣にある同様の施設と比べて高いとは言えないということであります。
親子交流スペースは、ボーネルンド社の大型遊具を備えた屋内型遊戯施設でありますが、同社の大型遊具を置く同種・同規模の民間施設が神戸市内の商業施設にあります。
神戸市内の遊戯施設の使用料は、0歳6か月から12歳までのこどもで30分600円であり、以後10分ごとに100円が加算されます。
本市の親子交流スペースは、1時間半の入れ替え制を採用するとお聞きしております。したがって、市内に住所を有しないものであっても1時間半300円で使用することができます。
神戸の施設では、明石と同じように1時間半利用するとするなら1200円かかることとなります。
つまり、同じ時間利用した場合、本市の親子交流スペースの場合900円も安く利用することができるわけです。
市内に住所を有するものとそれ以外の人と使用料に差を設けることは、本市の他の施設の使用料でも同様の考え方が採用されているものであります。したがって、この差を交流人口の妨げとなるなど直ちに問題アリとは言えないと私は考えます。もっとも、使用料に係る議論については、今後必要に応じ積極的に行われるべきであり、それを妨げるものではないことを申し添えます。
以上の理由により、議案第8号に対する修正動議に反対するとともに、原案について賛成することを表明し討論を終わります。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved