INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2016年11月9日

2017年度予算要望 市民の声を151の要望にまとめ提出
市長「政策的に一致点は多い」


 党議員団は10月31日(月)2017年度予算編成にあたっての要望書を泉市長に提出し意見交換を行いました。要望書を受け取った市長は、「政策的に一致点は多い」と述べ前向きに検討する考えを示しました。

 要望事項は151項目で、くらし・福祉・教育など市民の皆さんから寄せられたご意見・ご要望に基づくものです。福祉分野では、国の社会保障切りすて方針に反対し市民のくらしを守る対策を講じることや国保・介護保険料の引き下げ、高齢者施策の充実を求めています。

 子育て・教育分野では、保育水準の確保や学校給食の無償化、児童扶養手当や就学援助制度の改善を求めています。

 党議員団からは「認定こども園」における幼稚園教諭と保育士の給与格差の問題を指摘し、不当な賃金引下げが起こらないよう求めました。

 市長は「こどもや教育にはもっと金をかけた方がいい」「こどもに向き合う人については、より重点化を図り安定的に働いていただけるようにしていかないことには…」と述べ理解を示しましたが、賃金に関する具体的な考えについては明言を避けました。

 また、市民から「高齢者に冷たい泉市長」との声があがっていることを紹介し、対策を求めました。市長は、「国の施策が貧弱で自治体にしわ寄せがきている」と述べ地域に責任を負う立場として限られた予算をしっかり活用し支援が必要な方に手厚い施策を進める考えを示しました。

 この他、鉄道駅ホームの安全対策やコミュニティバスと路線バスの拡充、給食の無償化、二見地域など市内各地で声がある「買い物難民問題」について要望し意見交換しました。

≫ 要望書についてはこちらをご覧ください。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved