INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2016年6月29日

JT大久保事業所跡地 市・取得に向け協議開始
JT・8月以降に方針決定


更地になったJT跡地

 大久保駅南側の日本たばこ産業株式会社(JT)大久保特機事業部跡地(約5・8ha)について市は、取得に向けて検討する考えを明らかにしました。今後は、これまで以上にJTと接触し情報把握に努めるとしています。

 6月17日に行われた本会議一般質問で、辻本たつや議員の質問に政策部長が答えました。

 同地は、JR大久保駅の南約200mに位置し、周囲をマンション群と戸建が立ち並ぶ住宅街、商業施設に囲まれています。昨年3月に事業所が閉鎖されて以後、建物の解体撤去工事と土壌改良工事が行われてきました。

 都市計画法が定める用途地域は工業専用地域で、現時点において、マンションの建設はできません。

 地元の大久保町連合自治会は昨年7月、市長に対し市役所の同地への移転を求める要望書を提出しています。

 市によると、JTからは今年8月以降に同地を売却するか自社利用かなど土地の利活用計画について検討すると説明を受けているということです。市は今後、土地の利活用についてこれまで以上にJTと接触し情報収集に努めるとしています。

 同地は公有地の拡大の推進に関する法律(公拡法)により売却する場合、土地の所有者は、譲渡予定価格や譲渡先などを市に届ける義務があります。さらに、その届出に対し市が買い取りの目的を示し土地所有者に通知した場合、土地の所有者は協議を拒むことができません。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved