INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2013年11月28日

TPP交渉に関する請願

明石市議会議長
山崎 雄史様

請願団体 兵庫県農民運動連合会
代表者 永井 修
    中嶋 努

 

[請願趣旨]

 政府は、7月にTPP交渉に参加しました。10月のTPP首脳会議を前後して、農産物重要5品目の聖域見直しを容認する発言が相次いでだされています。
 政府はこれまで再三にわたって「国益を守る」とし、与党は農産品5品目の関税撤廃の除害を決議し、参議院選挙でも同様の公約を打ち出し選挙をたたかいました。衆参の農水委員会は農産品5品目の関税撤廃が除外できない場合は交渉からの離脱することを明記した決議をあげています。さらに政府は情報開示を約束し、国民的議論の重要性を強調してきました。
 ところが政府は交渉するにあたって結んだ保秘契約を理由に、情報の公開を拒否しています。このまま推移するなら、国民は交渉の内容や経緯、日本政府が何を主張したかも知ることなく結論だけを押し付けられる危険性があります。
 TPPは農林水産業、食の安全、医療制度、保険など、国民生活に広く影響を及ぼし、ISD条項は国家主権を揺るがしかねない重大な問題を含んでいます。
 こうした不安や懸念が払拭されないため、これまで44道府県や全市町村の8割余におよぶ議会が反対ないし慎重な対応を求める決議を行い、広範な分野の団体が交渉に反対してきました。国論を二分した世論状況にあります。
 このように、国民的議論の不十分さに加えて、国益を守れる保証がなく、情報すら公開できないTPP 交渉は撤退するしかありません。

 以上の主旨から下記の事項についての意見書を政府関係機関に提出することを請願します。

[請願項目]

  1. TPP交渉の内容を国民に開示すること。
  2. 2、TPP交渉から撤退すること。

 

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved