INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2013年12月25日

西川あゆみ議員 本会議一般質問
トライやるウィーク内容に総合火力演習ビデオ上映

 今年6月、中学生のトライやるウィークが自衛隊で行われていた問題で、体験期間中に、中距離地対空誘導ミサイルの説明や、昼休みに総合火力演習のビデオ上映が行われたことがわかりました。6日の本会議一般質問において、西川あゆみ議員の質問に教育長が答えたものです。
 西川議員は、今年6月に5日間自衛隊で行われた中学生の職場体験は教育としてふさわしいのか、教育長の見解をただしました。
 教育長は、自衛隊での体験活動が教育としてふさわしいのかについて、「体験学習については憲法に違反していないと考える。トライやるウィークの要綱で規定している労働基準法や青少年愛護条例にも抵触せず、教育基本法の教育の目的にも合致している」と答えました。
 また体験学習の内容に、ミサイルの説明や演習ビデオの上映があったことを認め、「戦車の前で生徒が写真撮影をしたかもしれない」と答弁がありました。
 西川議員が「教育長は6月議会では、『災害防災の内容で依頼している』、『軍事的な内容については重火器に触れるようなことがあれば当然不都合であり、先方に申し入れをする』という答弁だったが、見解が変わったのか。」とただすと、「施設の概要説明と体験学習とは分けてとらえている。最小限のガイダンスがあったと考えている。」と答えました。
 パチンコ店などの遊技施設が子どもの健全な発達を阻害するという理由で初めから対象外になっています。
 西川議員は、自衛隊こそ教育委員会の判断で対象外にすべきと主張しました。
 教育長は、特定秘密保護法案が成立してもいまのところは自衛隊を体験先として紹介する。平和のために役割を持って(自衛隊は)存在している、社会貢献しているととらえており、学びの中に関連付けることは出来るかと考えていると発言しました。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved