INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2013年4月12日

駅前再開発
公共施設整備計画案に対する意見を募集

 明石市は、現在計画を進めている「明石駅前再開発事業」で建設するビル内に整備予定の公共施設の基本計画案について意見募集を行います。期間は4月14日(日)から5月13日(月)までの1ヶ月間。意見は、郵送、FAX、電子メールで受け付けます。様式は問いませんが、電話、口頭は不可です。

 意見公募の対象となるのは、「(仮称)こども健やかひろば施設整備基本計画(案)」「(仮称)イベント広場施設整備基本計画(案)」「(仮称)市民図書館施設整備基本計画(案)」の3施設。各計画(案)に関する資料は、市のホームページからダウンロードするか、市の行政情報センター(市役所本庁舎2階)や各市民センターなどで配布する予定です。

 市は、今回意見募集の対象となる各施設の基本計画(案)について「学識経験者や公募市民等で組織された検討委員会の検討結果のほか、市のまちづくり戦略や国の新たな支援策の方針等を踏まえ、市において基本計画(案)としてとりまとめたものです。」(議会説明資料より)と、説明していますが、市がいう「検討委員会」は、いずれも途中で打ち切られたものばかり。当初の予定では、検討委員会がまとめた素案に対する意見募集(パブリックコメント)を行った後、計画をまとめ発表する予定でしたが、これらはすべて反故にされ市長のトップダウンで設置された「まち再生プロジェクト」(現:まち再生室)が全てを“引き継ぎ”ました。

 この約束違反の進め方に対して、関係者から疑問の声が寄せられており、先月行われた定例市議会でも「市民参画手続きが不十分」「自治基本条例や市民参画条例に違反する行為」 と、厳しい批判の声があがっていました。

 「100億円を切ったことで市民の理解を得られる」と泉市長が強弁していた事業に係る市の負担額が最大128億円に達することも明らかになっている中、市民からどのような意見が寄せられるか注目です。

 次年度以降、財政難から「市民の皆様に痛みを伴う事態が生じることも考えられる」(平成25年度施政方針)と、予算切り捨ての可能性を示唆した泉市長。

 金がないのが分かっているなら、中止すべきというのが市民の声ではないでしょうか。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved