INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2013年2月12日

消防本部
グループホームを特別査察

2013年2月8日、長崎で4名が死亡する認知症グループホームの火災事故が起こったことから、明石市の状況を消防本部に確認しました。
明石市消防本部は、長崎のグループホーム火災の翌日、9日の土曜日、市内に19か所ある高齢者・障害者グループホームの特別査察を実施し、8施設で軽微な違反があったため指導を行いました。
275u以上の施設にはスプリンクラー設置が義務付けられており、グループホームは全てスプリンクラーが設置されていることを確認しました。

発見された軽微な違反は、避難通路に物が置かれている、警報装置の前に物が置かれボタンが押せない、防火管理者の変更の届出がされていない、避難訓練の結果の未報告などです。
グループホームなどの入居型介護施設は、夜間は職員配置が少なく、火災や災害がおこった場合安全に利用者を避難させることが困難な実情があります。このような痛ましい事故の再発を防ぐため、国の基準の見直しをはじめ、早急な対策が必要ではないでしょうか。
(記:西川あゆみ

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved