INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2012年12月10日

マニフェスト大賞主催者を交際費で接待
執行状況に疑問の声

 泉市長が一部の大臣や首長らに就任祝いとして送った生花の費用を市長交際費から支出していた問題で、辻本たつや議員は12月10日に開かれた市議会本会議で市長の見解を質しました。答弁した市長は「(担当者に)任せていた」と述べ自身の指示ではないとの認識を示しました。

 交際費の支出状況は、辻本議員の公文書公開請求により明らかになったもの。一般的に市長交際費は、円滑な行政運営を図ることを目的に市長等が外部との折衝等をするために要する経費として社会通念上妥当な範囲内で支出することが許されているものです。

 今回問題となったのは、一部の大臣や大津市長、県弁護士会長らに就任祝いとして贈られた生花代(各2万円)や福祉関係者との懇談(2万8千円)、早稲田大学大学院教授との懇談(2万5千円)に要した飲食費など。特に、大臣や弁護士会長に贈られた就任祝いは過去にほとんど例がなく、大津市とはそもそも特別な交流はありません。そのため、職員からも「違和感がある」と疑問の声が寄せられています。

 さらに、早稲田大学大学院教授との懇談は、泉市長が昨年4月に採用した弁護士資格を持つ職員のうち3名を引き連れ上京した際に行われたものですが、これが同教授が主催する「マニフェスト大賞」を受賞するためのPR活動だったのではと懐疑的に見る意見もあります。実際に市長は、11月に弁護士職員を大量に採用したことが評価され同大賞を受賞しています。

 辻本議員は、知り合いに花を贈っただけではないのかと批判。市は、いずれも適正なものと説明しましたが、傍聴していた市民からは「財政が厳しいと言いながら私的に予算を使うとは許せない」と怒りの声が寄せられています。

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved