INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2012年10月30日

学校給食モニタリング事業を実施

明石市は、文部科学省が各都道府県に委託した「学校給食モニタリング事業」を活用し、学校給食の放射性物質の測定検査を行うと発表しました。

明石市は、国においては、一般に市場に流通する食品について厚生労働省の基準に基づいて東日本の17都県を中心に食品中の放射性物質に関する調査を実施しているが、児童生徒のより一層の安全・安心を確保する観点から放射性物質測定検査を実施するとしています。
実施期間は今年11月から来年2月までで、期間中に4回の検査を実施します。(1回あたり1週間ぶんの給食を検査)

2011年6月議会で、「学校給食の食材の放射線を測定するよう兵庫県に求めること」という項目を含む請願が全会一致で採択されました。また同年の12月議会本会議質問において、西川あゆみ議員が学校・保育園の給食の放射線量を測定するよう求めていました。
この事業は対象や期間が限定されたものですが、日本共産党は子どもたちが安心して食べられる給食を求め、引き続き取り組んでまいります。

実施期間:H24年11月〜H25年2月
実施回数:4回(1回の検査につき1週間分の給食を使用)

実施方法:
(1)市内小学校1校をモニター校に指定し、調理済給食1週間(5日)分の食品を1検体として1回の検査につき「初回検査用」と「再検査用」の2検体を採取する。
(2)初回検査用の検体をミキサーで混合して放射性物質を測定する。
(3)基準値50Bq/kg(一般食品の基準値の1/2)を超える放射性物質が検出された場合は再検査用の検体を献立ごとに分けて放射性物質を測定する。

検査結果:市教育委員会のホームページにて公表

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved