INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2011年9月15日

泉市長が監査委員の勧告を支持
   北口前市長に約19万円の返還を求める

関西独立リーグに所属する『明石レッドソルジャーズ』を支援するために市が支出した約19万円を違法な支出として、2009年に市の監査委員が返還するべきとした勧告を北口市長(当時)が拒否した問題について泉市長は15日、北口前市長に対し返還するよう求めていることを明らかにしました。同日開かれた市議会本会議で辻本たつや議員の質問に答えたもの。

同球団は、2008年に『播磨レッドソルジャーズ』として発足。姫路・加古川を中心に、播磨全域を本拠地として活動を開始しました。ところが、北口前市長が独断で球団の誘致活動を進め年間1億円の支援や市として球団を支援することを約束しました。

市長の要請を受けた球団は、本拠地を明石に移し球団名も明石レッドソルジャーズと改め活動を開始。市の勤労福祉会館の一室に球団事務所を置きました。また、市長の指示により市の観光振興課内には球団の後援会事務局が開設され、同課職員が後援会の事務局職員として会員募集やチケットの販売等など球団の営業活動に直接従事しました。

この問題については、辻本たつや議員が繰り返し違法性を指摘。2009年10月に行われた『平成20年度決算審査特別委員会』では、球団の営業活動のため夜間の会合に出席した職員に対し時間外手当が支給されていたことが辻本議員の質問で明らかになりました。

その後、市民から球団に対する違法な支援を巡って住民監査請求が提出され、市の監査委員もその違法性を認定。約19万円を返還するよう市長に勧告しました。ところが、市長はこれを拒否し、現在、この問題は法廷での闘争に発展しています。判決は、今月30日に出される予定です。

15日の本会議で泉市長は、監査委員の勧告は当然受け入れるべきとの認識を示しました。さらに、内部公益通報により調査が進められていた北口前市長が2008年のバレホ市(米国)訪問時に市内在住の女性を公費で招待した件(約40万円)についても返還してもらうべきとの認識を示しました。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved