INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2010年9月16日

都心循環バス(ちょいのりバス)社会実験の結果

 9月16日の建設常任委員会で、社会実験運行結果について報告がありました。
 H21年度は、2月21日から12月31日の金、土、日曜日、祝日、連休など162日間を運行しました。当初、大人200円、7月10日からは100円に引き下げ。小児、身体障害者は半額。山陽電鉄1dayチケット提示で無料など工夫を凝らしましたが、利用者は162日で1万9343人、1日平均119人でした。運賃無料の日は利用者が2倍3倍となるが、平日では13便の運行に96人の利用です。年間運行経費約2000万円に対し、収入は183万円でした。

 H22年度は、7月17日から8月31日の毎日の運行とし、46日間で1万3697人の利用がありました。1日平均298人の利用があり、運賃無料の日も100円の日も利用人数に大差はありません。運行経費543万円で収入は76万円です。
 5000人達成イベント、1万人達成イベントには、姫路や京都府からの観光客に、明石のPR商品が手渡されました。

 2年にわたる社会実験の結果や車内実態調査なども生かし、来年度以降の運行について検討を行なうとしています。
 費用対効果がよく議論されますが、「ちょいのりバス」の運行収支だけで見るのか、観光振興事業の1部門としてみるのかによって、評価は大きく変わってきます。観光なら、乗り降り自由の1日チケットも導入し、観光客も市民も楽しめる企画を期待しています。(記:つばきの利恵

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved