INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2010年10月29日

2011年度予算要望書を提出

 日本共産党明石市会議員団は10月29日、市来年度予算編成についての予算要望を行いました。市長、副市長、教育長をはじめ各部長も出席。保育所など子育て支援や、高齢者・障害者福祉の充実、JR新駅建設の撤回、農業・漁業者支援など、61項目の予算要望書を北口市長に提出しました。
沢井きよみ議員団長は、「格差と貧困が広がる中政権交代になったが、民主党政権は後期高齢者医療廃止、派遣法改正などの国民の願いに背を向けている。市民の切実な願いを実現する市政、市民の心によりそった予算を」と市に求めました。

 主な要望項目は次のとおりです。

  • 平和市長会議への参加で平和行政をすすめること
  • 子どもの医療費を入院も含め中学卒業まで完全無料化
    実現は市単独で4億8000万円の追加で可能です。
  • 詰め込み保育と待機児童解消のため、保育所の増設、国がすすめる「保育の市場化」に反対すること
  • 国民健康保険料を1世帯1万円引き下げ、払える保険料に。保険料の資産割の廃止
    国が負担すべき費用を減らしたことが保険料が高くなった原因。国に対し、後期高齢者医療の廃止とともに、国保への国負担を増やすよう求めること
  • 高齢者への配食サービスの復活
  • 公共工事における労働者の賃金、品質確保などを定める公契約条例の制定
  • リフォーム助成の拡充
    市が11倍の経済効果と検証。制度の拡充と継続を
  • のり漁業者への支援、農業を守るための担い手育成と生産緑地制度の導入
  • JR明石‐西明石、大久保‐魚住間の新駅建設は撤回すること
  • 中学校給食の早期の実施
    基本は自校式、近隣の小学校との親子方式も検討を。地産地消から学校給食会の組織運営の見直しを求める。
  • 30人以下学級の実施を国県に求めること
  • 小中学校教室へのクーラー設置

⇒予算要望書全文はこちらです

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved