INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2010年3月9日

観光道路 市道明石中央12号線

電線地中化はそんなに緊急性が高い事業なのか?

明石市が、2010年に電線地中化工事を実施することを決めた市道明石中央12号線(通称:観光道路)について、辻本たつや議員は3月9日に行われた本会議一般質問で目的と効果について市の見解を質しました。市は、電線地中化で災害に強いまちづくりと魅力あふれる歩行空間の形成が実現できると説明しましたが、補修や再整備が必要な生活道路が市内の各地にある中で、今なぜ『観光道路』を優先するのかとの疑問の声が辻本議員に寄せられています。

この事業は、国が09年度の第2次補正予算で措置した『地域活性化きめ細かな臨時交付金』を活用して行うものです。予算額は1億2000万円で、地元の中小業者に公共事業を発注することで景気浮揚を促そうとするものです。

他に優先すべきものがあるのではないか

辻本議員は、『電線地中化』については理解を示しながらも「他に優先すべきことがあるのでは」と見解を求めました。市は電線を地中化することで、震災や台風などの災害発生時に拠点となる市役所への主要経路である当該道路を災害に強いものとするとともに、平時は誰もが安心して利用できる道路とすると述べ理解を求めました。

そもそも、事業の財源である『地域活性化きめ細かな臨時交付金』は、インフラ整備とそれに伴う地元業者への工事発注による景気対策に活用できるものです。そのため、老朽化した公共施設の修繕など幅広い事業に活用が可能です。本事業はその内容から見て目的に合致するものと考えられますが、優先度の高さが問題です。

地域では、傷んだ道路の補修や公園のトイレ・フェンスの修繕などの要望が多数寄せられています。一部は、予算化され改善されているところもありますが、まだまだ要求実現に至っていないものが多数あります。突然ふって沸いたような『電線地中化』より、もっと他に優先すべきものあるのではないでしょうか。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved