INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2010年2月23日

子宮頸がんワクチンの無料接種を決定

2月23日市が発表した2010年度予算案によると、明石市は2010年度から、子宮頸がんの予防ワクチンを全額公費負担で実施します。
対象は小学校6年生〜中学3年生の女子で、3回の接種の費用約4万5000円を助成します。
予算額は8080万円です。
子宮頸がんは、『ヒトパピローマウイルス』というウイルスが感染することで起こる病気です。国内では毎年約1万5000人の方が子宮頸がんにかかり、約3500人が亡くなっています。唯一ワクチンで予防できるがんといわれており、海外では100カ国以上で使用されています。
09年12月に日本でもワクチンが承認され、接種が始まっていますが、費用が高額であるため公費助成を求める声が寄せられていました。

ヒトパピローマウイルスは性交渉で感染するため、性行動を始める前の10歳代の女性へのワクチン接種が効果的です。ワクチンへの公費負担とあわせて、自分の体と性について正しい知識を得る機会として、学校での性教育を充実することが必要です。市は対象者への周知を徹底した上で希望者に実施するとしています。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved