INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年11月4日

レッドソルジャーズに対する支援に違法認定(市監査委員会)

約19万円の返還を市長に勧告

今春開幕した関西独立リーグの「明石レッドソルジャーズ」(株式会社明石市民球団)を明石市が支援していたことについて明石市監査委員会は11月4日、地方公務員法に抵触する行為があったとして、人件費の一部などを返還するよう市長に勧告しました。市民から出された住民監査請求に対し同委員会が一部を認める判断をしたものです。市長は同日「内容を精査した上で対応を検討したい」とコメントしました。

市は昨年9月、球団支援を目的に産業振興部内に同部次長を中心とした4名の職員からなるプロジェクトチームを結成。後援会の運営や球団を支援するための業務に従事してきました。

監査委員会は職員が携わった業務のうち、後援会のPR活動と会員勧誘の活動について「球団の営利活動に寄与するもの」と指摘し、地方公務員法が定めた職務専念義務に反すると認定。その中で、09年1月10日と2月13日(いずれも時間外)に市内で行なわれた行事に職員が出向いた分の人件費(時間外手当)は不当な公金の支出に当たるとして返還するよう勧告しました。また、球団事務所として使用することを許可していた明石市勤労福祉会館の使用料を、08年9月〜09年5月までの間全額免除していたことについても「全額免除するまでの公益上の必要性があるとは認められない」と述べ、同期間の使用料14万3500円を返還するよう勧告しました。

辻本たつや議員は、09年9月から今年9月に開かれた全ての定例会で、市のレッドソルジャーズに対する支援のあり方について質問し業務の違法性を指摘して来ました。今年10月6日に開かれた平成20年度決算審査特別委員会においては今回の監査結果でも指摘された09年2月13日の時間外手当について公金の不当な支出にあたり容認できないと指摘していました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved