INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年11月7日

伊川谷浄水場跡地を売却 入札は12月

市東部地域の水道水安定供給に寄与

明石市は、伊川谷浄水場跡地(神戸市西区伊川谷町潤和)を売却するための入札を12月18日に行ないます。面積は1057.34平米(3200坪)で、最低売り払い価格は1平米3万6100円(土地鑑定価格から施設除却費を除いた額)です。10月28日から広告が行なわれており、順調に進めば、年内に売買に関する契約手続きが行なわれる見通しです。

昭和6年に開設した伊川谷浄水場は、施設が閉鎖された平成18年2月までの間、太寺、大蔵、朝霧、松が丘地域に水道水の安定供給を続けるため大きな役割を果たしてきました。また、市の浄水場の中で最も歴史がある施設で、敷地内には創設当初に建設されたレンガ造りの「薬品注入室」がそのまま残されているなど、レトロで趣のある風景が残された施設でもありました。

用途地域は、第1種住居地域で第5種高度地区に指定されています。明石駅の北東約2.3kmに位置し、付近には公園やスーパーがあり、明石駅へのバス路線もあることから宅地開発をはじめ、店舗や事務所、ビジネスホテルなどの用途に利用可能です。

今年9月に行なわれた市議会建設企業常任委員会で市は、売却について報告していました。その際、辻本たつや議員は、明石市にとって大きな役割を果たしてきた施設であることから、売却先については慎重に対応し、「なぜこんな業者に売った」ということにならないようにと要望しました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved