INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年10月5日

明石市障害者就労・生活支援センター「あくと」開設

10月1日、明石市障害者就労・生活支援センター「あくと」がオープンしました。
社会福祉法人明桜会が市の委託を受け、大久保町西脇に開設したものです。
「あくと」とは行動する事を意味し、(1)働くことについての思いや悩みを一緒に考える (2)仕事と生活の両立が出来るよう、自立に向けてサポートする (3)働く事を通して、喜びを見出せるように、生きがい・やりがいを共に追求していく としています。

10月5日の開所記念式典では、所長とスタッフ3人が紹介され「作業や訓練をするところではなく、電話や直接訪問でさまざまな相談を受け、また、就職先の企業の相談にも対応します」と説明がありました。また山崎所長は、「働きたい、働き続けたい、また働きたい、働いてよかった、働いてもらってよかった」が実現するように頑張ると決意を述べました。

式典の後の記念講演では、加古川市立知的障害者総合支援センターのセンター長兼、加古川障害者就業・生活支援センター所長の高井敏子氏が「大人になったら働くのは、あたりまえ。あたりまえを本当のものにしたい。」「憲法27条には、働く事の義務と権利がうたわれている。平成18年までは、障害者を保護支援したらよいという施策だったが、障害者自立支援法が制定され、障害者雇用促進法の改正などが大きな力となった」などと話されました。


障害者就労・生活支援センター「あくと」施設概要
住所:大久保町西脇726番地 サポートセンター曙(あけぼの)内
電話・FAX:938-1212
開設日:平成21年10月1日
運営受託者:社会福祉法人明桜会
利用案内
開所日:月曜日〜金曜日(土・日・祝日・年末年始は閉所)
開所時間:午前9時〜午後5時
利用料金:無料(職業訓練を行う施設の利用料金や交通費などは自己負担)
支援内容
▼利用者支援
 相談→利用登録→支援計画の作成→就労を希望する人への支援、就労時および就労以降の支援
▼雇用主に対する支援
 職務創出、雇用条件等に対するアドバイス、ジョブコーチの派遣、定期的な職場訪問
▼市内の小規模作業所などに対する就労支援
▼新たな雇用主などの開拓

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved