INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年8月31日

和坂新斎場「あかし斎場旅立ちの丘」11月より開始

引き続き市の直営で

8月20日、生活文化常任委員会が開かれ、11月初旬より供用開始予定の新斎場の現地視察と利用料金などの報告があり、沢井きよみ議員が傍聴しました。

新斎場の名称は「あかし斎場旅立ちの丘」となり、地下1階(駐車場)、地上2階建で、床面積が現状の6.5倍、延べ床面積は10倍の2932平米、駐車場も屋外を含め93台、うち障害者用2台、マイクロバス用2台を確保しています。駐輪場は14台です。

新斎場はご遺体の預かりから、通夜、食事、宿泊、告別式、初七日法要などを行うことができます。
施設は、式場として100〜180人、80〜110人、25人の3式場のほか、初七日法要に利用できる洋室、霊安室2か所、事務室などです。
新斎場建設にあたっては、市民も参加した建設検討委員会をH19年6月に立ち上げ、これまで9回協議しています。

新しい斎場の利用料については、資料のとおりですが、施設の維持管理経費や民間事業所の使用料を比較・検討した結果と説明がありました。9月議会に名称変更や式場使用料等条例の一部改正が提案されます。委員からは、建設費について、火葬・葬祭式場の件数予測に対応できる職員体制なのか、あるいは、一般会計からの繰入はどうなるのかなどの質疑がありました。

そもそも、市は新斎場の運営について、民間委託や指定管理導入の考えもありましたが、直営で運営することは一定の評価になるのではないかと思います。公共としての新斎場の利用料やPRの工夫が求められるところです。みなさんのご意見をお寄せください。
なお、今後火葬場についても、現在の11基から15基に増やすための工事を2期に分けて行う予定です。

資料:和坂新斎場の概要(PDFファイル9.76kb)

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved