INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年6月16日

ヒブワクチン接種費用に市の助成を!

乳幼児に発症する細菌性髄膜炎の主な細菌は「ヒブ」と「肺炎球菌」です。日本でも年間1000人の乳幼児が感染しているといわれており、罹患した乳幼児の約5%が死亡し、25%に聴覚障害やてんかんなどの後遺症がのこります。
 ヒブワクチンは世界100カ国以上で導入され、定期接種を実施している国では発症率が大幅に減少しています。
 日本でも昨年12月に承認されワクチン接種が可能になりましたが、4回の接種で3万円の費用がかかります。
 沢井きよみ議員は本会議質問で、ヒブワクチンの定期予防接種化と、市独自の助成制度の創設を求めました。市はワクチン接種費用助成について、今後の国や他都市の取り組み、ワクチンの供給状況を適切に把握しながら判断すると答弁しました。

⇒詳しくは議会報告へ

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved