INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年6月24日

4000万円のディスプレー購入に反対

明石市は、市立天文科学館に神戸市内の企業が開発した薄型大画面ディスプレー(第1号機)を4000万円で購入することを決めました。

日本共産党の辻本たつや議員は、6月24日に開かれた本会議で討論に立ち、本格的生産開始以降は、今より大幅に価格が下がることが明らかになっているのに、今、多額の予算を費やして購入しなければならない理由はないと指摘。景気対策にもならないと反対しましたが、賛成多数により可決されました。

国の第1次補正予算による『地域活性化・経済危機対策臨時交付金』を財源とした『緊急経済対策』として6月議会に提案された補正予算のひとつ。大きさは、縦2m×横3mで145型テレビに相当する巨大なもので、周辺機器等を含めた購入額5000万円以上といいます。市は、企業と交渉を重ね価格を4000万円に引き下げたことや、同社社長が明石市内の企業で永年研究し住居も市内に構えていることなどを理由に挙げ、地域経済の活性化につながると説明しました。

これに対し、辻本議員は、高額なプラズマディスプレーパネル1台を購入するより、市内小中学校施設のICT環境整備に対して積極的な予算措置を講じる方が、物品購入や付随する工事の発注など市内経済の活性化に有効と討論で指摘し議案に反対しました。


 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved