INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年5月20日

耐震改修助成制度が好評

耐震診断・工事費助成制度の申請多数

明石市が今年度から実施している無料の『簡易耐震診断』(昨年までは3000円)と耐震改修工事費用の8分の1(最高30万円)を補助する『耐震改修助成事業』(予算額300万円)に市民の関心が集まっています。5月1日の受付開始から担当課には連日電話や窓口に市民からの問合せが殺到。申請者は2週間で『簡易耐震診断』が25件、工事費助成が3件、『耐震改修計画策定補助』(県事業)が7件と例年に無いペースで伸びています。担当課は、『広報あかし』(5月1日号)で大きくPRできたのが良かったのではないかと反響の大きさを分析しています。

耐震改修工事に係る助成事業は、兵庫県が実施している『わが家の耐震改修促進事業』(施工金額の4分の1で最高60万円)に明石市が独自で上乗せ補助(施工金額の8分の1で最高30万円)する助成制度の創設に加え、県が今年度から3年間限定でさらに最高20万円(施工金額の8分の1)を助成する制度を創設しています。

制度の内容についても、これまで認められていなかった部分改修について助成することとし、『簡易耐震診断』において評点が0.7以上1.0未満の建物については『精密診断』や『耐震改修計画』の策定を省き部分改修することを認める措置を取るなど大幅に拡充されています。
なお、いずれの制度も昭和56年5月以前に建築された住宅にお住まいの方が対象です。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved