INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年4月14日

住宅リフォーム助成制度の概要

  1. 事業の名称
    産業活性化緊急支援事業(住宅リフォーム助成事業)
  2. 財源
    地域活性化・生活対策臨時交付金(2次補正)
  3. 目的
    当事業は、現在の経済雇用情勢をかんがみ、市民が、居住する住宅等を市内の施行業者を利用して修繕、補修工事等を行う場合に、経費の一部を助成することで、市内産業全体の活性化及び雇用の創出を図るとともに、市民の生活環境の向上に資することを目的とする。
  4. 申し込み資格
    次の条件全てに該当する方
    1. 市内に居住し、住民登録または外国人登録を有する。
    2. 市税の滞納や市の各種有志の償還について滞納がない。
    3. 助成対象住宅に居住しており、その住宅の所有者である。
      ※申請可能回数は、同一住宅及び同一の人物につき1回。
  5. 募集数 100人(応募者多数の場合は抽選で当選者を決定する。)
  6. 助成対象住宅
    自ら住んでいる市内の持ち家(但し、集合住宅については、助成対象者の専有部分のみを対象とする。また店舗、事務所又は賃貸住宅等との併用住宅については、住居部分のみを対象とする。)
  7. 助成対象工事
    市内に主たる事業所(本社又は支店)を有する施行業者(個人業者を含む)を利用して、助成決定後に着手する経費が20万円以上(消費税を含む)の工事で、当事業を受けるための所定の申請手続き完了後に着手し、平成22年3月31日までに所定の実績報告が提出できる工事で、次に該当するもの。
    ※申込時点で完了している工事や、助成申請手続きが終わる前に着工する工事は対象とならないのでご注意ください。
    1. 住宅の改修工事その他住宅の機能の維持及び向上のために行う補修、改良、または設備改善のための工事
      例:壁紙の張り替え、外壁の塗り替え等住宅の模様替え工事、下水道の排水設備工事、水洗便所への改造工事等
    2. 住宅の敷地内での自家用駐車場の設置、修繕の工事
    3. 防犯用感知ライトやフェンスの設置など住宅の防犯機能を高める工事
      ※電化製品の取り付け工事、改築工事は助成対象とはならない。
      ※市のほかの制度による助成(高齢者等住宅改造費助成制度、生活保護など)や、貸付(水洗便所改造資金貸付金)を受けている工事は対象とはならない。
  8. 助成金額
    工事経費の10%で、最高10万円を助成する。
  9. 募集期間 平成21年4月15日から5月15日(消印有効)
  10. 申込手続きおよびスケジュール
    1. 希望者は往復はがきに、住所、氏名(フリガナ)、電話番号、予定工事内容、予定工事費を記入し、明石市産業振興部商工労政課宛(〒673−8686 明石市中崎1丁目5番1号)へ、郵便で申し込む。 (4/15〜1/15)
    2. 応募者が多数の場合は、往復はがきの中から抽選で助成候補者を決定(6/1)
    3. 助成候補者に申請書類を郵送。 (6/2〜)
    4. 必要書類を添え、申請書を市に提出。(6/2〜8/20まで随時)
    5. 市は審査の上、助成金交付決定通知書を助成決定者に送付する。 (助成申請を受付けた約1週間後)
    6. 助成金交付決定通知書が届いた後、助成決定者が工事に着工。
    7. 助成決定者は、工事完了後10日以内に実績報告書を市に提出。 (3/31日まで随時)
    8. 市が助成金を振り込む。(実績報告書受付後約1ヵ月後)
  11. 事業のPR
    1. 市政だより4月15日号、5月1日号に募集記事を掲載
    2. 各市民センター・サービスコーナーの窓口に募集案内を置く
    3. 詳細については市役所ホームページでPR
  12. .担当部課
    明石市産業振興部商工労政課(918−5098)
 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved