INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年3月9日

非常勤専門官に破格の待遇

月に3日出勤で20万円

3月9日に行われた本会議の辻本たつや議員の質問で、明石市が非常勤嘱託職員として採用した専門官3名に、勤務日数が月平均3〜4日にもかかわらず月額20万円の報酬を支給していることが明らかになりました。市は、採用目的を「専門的なご意見やご提言を適宜いただくため」と説明しながらも「今後十分ご説明した上で改善もはかるべきははかっていきたいとい」と述べました。

色彩に詳しい『カラーコンサルタント』、植栽が専門の『ガーデンプランナー』、催し物の企画演出をこなす『イベントプロデューサー』の各1名ずつで、それぞれ昨年6月から9月に採用。これまで魚住駅舎の橋上化工事や市のポスターのデザイン、山陽電鉄西二見駅南ロータリーの植栽などにかかわり成果を挙げていると市は説明しています。

3名の出勤状況は、今年2月までに25〜26日で、月平均で3〜4日です。賃金は月額で支給されているため1回の出勤で4万〜5万円を受け取っている計算になります。
辻本議員は勤務実態や報酬について「市民が理解できる金額か。破格の待遇では?」と質したのに対し北口市長は「専門性の高い外部の方々の知見をどのように内部に活かしていくか試行的に取り組んでいる。今後十分ご説明した上で改善もはかるべきははかっていきたい」と理解を求めました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved