INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年2月27日

明石市09年度予算案の審議始まる

「緊急対応と将来展望」がキーワード

09年度予算案の一般会計は897億で、対前年比11億の減(マイナス1.2%)。震災後2番目に小さい規模、全会計予算では、震災後最小の規模という「緊縮型予算」。
「緊急対応と将来展望」をキーワードに、市民の暮らしと安全を守るとともに、足腰の強いしなやかな地域にするため将来展望を見据えたまちづくりをするとしています。

読書活動推進に1億円の予算

 教育分野では学校幼稚園の耐震診断・設計工事のほか、学校・幼稚園の図書室の蔵書の大幅な充実、司書職員の配置など読書活動推進、いじめ不登校対策としてこども会議の設置・生徒指導相談員などの増員。また、放課後児童クラブの施設の拡張整備・夏休み等の開所時間繰上げ、明石商業高校のグラウンド整備が予定されています。

妊婦検診14回まで助成

 医療・福祉に関しては妊婦検診助成が14回まで拡充されます。(1万1千円2回・4千円12回)また、65歳以上の介護保険料は基金を取り崩して据え置きに。
 敬老優待乗車制度や障害者優待乗車制度の見直しなどが盛り込まれています。
 障害者優待乗車証は対象が拡大します。

安心医療につながるか 新しい「協議会」

 市は、「医療制度・介護制度が『入院入所』中心から『通所や訪問』へと形態が転換しつつあり市民病院に改革が迫られている」として、将来を見通した医療確保政策をつくる「安心の医療確保政策推進協議会」を設置します。本当に安心できる医療につながるのか、懸念されるところです。
 その他、県の行革プランに対応し老人医療助成事業や母子家庭等医療助成の見直し(負担増になるケースもある)などを予定。西明石駅前に駐輪場の設置、公園の遊具の入れ替え、高丘西公園グラウンド整備なども予定しています。
 09年度予算案は2月27日からはじまる3月議会で審議します。

 

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved