INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2008年12月11日

一人ひとりにそった教育支援を(12月議会で質問)

つばきの利恵議員は12月11日、本会議一般質問で、明石市の特別支援教育について質問しました。
07年から始まった特別支援教育、特に発達支援教育の取り組みが、幼・小・中が連携できているのか、また、今年度の中学卒業生の進路状況をただし、市内に1つしかない通級指導教室を増やすよう求めました。(通級指導教室は普通学級に在籍しながら、専任教師による1対1の個別指導を受けられる)

 教育長は、全学校園に特別支援教育推進委員会を設置し、指導・支援の校内体制をすすめた。一人ひとりに対応した個別の指導計画も、全学校園において作成されている。今後は、ライフステージを通した個別の教育支援計画作成に向けて関係機関との連携強化をはからねばならないと考えていると答えました。
今年度特別支援学級の卒業生は全員が高等学校教育を受けられる予定である。
また、通級指導教育の必要性や効果について「市としても十分に認識している。昨年も小学校7校、中学校3校の認可申請を行ったが、残念ながら明石市では学級認可にいたらなかった。これから通級教室の県の認可を目指す。現状では、特別支援教育支援員を活用し、個別に別な教室で行なう取り出し指導をおこなっている。」と述べました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved