INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2009年1月8日

海苔漁業者を深夜に訪問

今年の出来は良好でも

1月8日午前2時、辻本たつや議員は、新町みちよ県議、と共に、明石浦・林の両漁港を訪問し最盛期を向かえている海苔の生産状況を調査しました。

昨年は、栄養不足による深刻な色落ちと原油高、さらに明石海峡での船舶衝突事故による重油流出と悪条件が重なり生産中止に追い込まれた海苔養殖ですが、今年は、品質、価格ともにまずまずで、どこの加工場でも機械の音が鳴り響いていました。
しかし、漁師さんのお話では珪藻プランクトンの発生がすでに確認されており、色落ちの発生は「時間の問題ではないか」とのこと。また、昨年の損失はそのまま残っており、漁業関係者の暮らしは大変で廃業に追い込まれている漁業関係者が県内で100件以上にのぼるそうです。

昨年の緊急事態に、国や自治体が無利子の融資制度をつくり支援しました。しかし、それはあくまで融資でありいずれ返済しなければなりません。昨年の重油被害による補償は全く行われておらず公的な直接支援がなければ、08年の損失はいつまでたっても取り戻すことはできません。1日も早い船舶事故補償と燃油高騰に対する支援が求められます。

深夜の漁港訪問は1年ぶりですが「今年も来たんか」歓迎していただき各地で話が弾みました。「共産党に頑張ってもらわんとあかん」と多くの方々から激励を受けながら今回も午前5時ごろまで関係者の皆さんからご意見をいただきました。訪問には、金田峰生日本共産党県福祉・医療対策委員長も同行しました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved