INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2008年12月17日

派遣切り・大量リストラ対策求め ハローワーク明石と懇談

12月17日、新町みちよ県会議員と明石市会議員団は、ハローワーク明石を視察し、市内の雇用の現状と派遣切り・大量リストラ緊急対策について懇談しました。

ハローワーク明石は今月15日から派遣切りに対応する特別相談窓口を設置し、2日間で7件の相談がありました。
所長は、現在のところ明石管内で学卒者の内定取り消しや、大量の派遣切りなどはおこっていないが、主要な事業所を対象とした電話での聞き取り調査で、「今後解雇について検討する・検討の可能性がある」と答えた事業所が約半数あり、「影響が出てくるのは今後かもしれない」と懸念されていました。また、所長・職員が事業所を訪問し、ワークシェアリング等の企業努力をお願いしているとのことです。

緊急対策として (1)雇用促進住宅 (2)住居費の貸付制度が利用できますが、二つが併用できるかどうか調査中とのこと。雇用促進住宅の入居要件を緩和し、緊急対応できるようお願いしました。明石市には東二見、奥北野の2ヶ所に雇用促進住宅があり、あわせて83の空室(08年10月時点)があります。

市や県への要望として、「安定所だけでは対応できないところがあり、市の生活保護、県のしごと対策などにいっそうの連携を図りたい」「福祉の力を借りないとどうしようもない人がこちらに来られる。何日もご飯を食べていない、ふらふらな状態で仕事を紹介してくれと言われる。その状態では採用されないし仕事をするのは困難。一時救済で数ヶ月の期限で宿泊していただき、入浴・洗濯もできるような、次の就職に備えられる場所の整備をお願いしたい。」など、現場での経験に基づく要望が出されました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved