INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ


2008年9月12日

中学校給食
  希望調査を行ない実施に向けた検討を

中学校給食の実施状況は全国で74.8%、兵庫県は低く47.3%です。沢井きよみ議員は9月12日の本会議一般質問で中学校給食についてただしました。

昨年の9月議会で、教育長は中学校給食への希望調査をおこなうという答弁をしましたが、昨年11月に市内の中学校5校で行なった調査は、給食ではなく昼食についての意識調査であり、給食についての設問はありませんでした。
沢井議員は改めて給食の調査を求め、検討委員会の設置を要求しました。

市教育委員会は、「この調査で給食や弁当販売を開始して欲しいという意見が、生徒で約1%、保護者で約1割であり、保護者・生徒とも手作り弁当を評価する声が圧倒的。意見があると思うが大局的には傾向はつかめた。従来から生徒指導上、弁当が適切と認識しており、改めての調査はしない」と答弁。検討委員会を設置する考えはないと答弁し、あくまでも手作り弁当に固執する姿勢です。

沢井議員は、姫路市は21年3月完全実施、三木市は21年秋には全ての幼稚園・中学校で実施予定であり、未実施の尼崎市は市長公約で実施する方向。また加西市は具体的に検討中など、県内各市の中学校給食は大きく前進しており、実施にあたっては地元の農家や漁業者と協力し、地産地消や食育の推進に積極的な取り組みがなされていることを紹介し、明石での実施を求めました。
また、明石市の就学援助認定率が小学校で16.94%、中学校では17.59%である現状と、小学校の就学援助費では64.85%が給食費であり、義務教育の観点からも中学校において給食の実施が求められると主張しました。

この質問の詳細へ

 

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved