INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

谷八木川堤防

2007年8月20日

右岸路面の舗装と安全対策完了

大久保町を流れる谷八木川の国道2号以北の堤防の安全対策と舗装が完了しました。この堤防は、周辺住民の生活道路として多くの市民に利用されてきましたが、最近では山手環状線と国道2号線を結ぶ抜け道としても利用が増えており路面の痛みが激しくなっていました。また、自動車や歩行者が川に転落する事故が多く発生しており、転落防止柵の設置を求める声が寄せられていました。

日本共産党の辻本たつや議員は、この道が兵庫県が管理する河川管理用通路であることから、新町みちよ県会議員や明石市の土木部通じて兵庫県東播磨県民局県土整備部に対策を講じるよう求めていました。しかし、この道が建築基準法など法的にいう『道路』ではなく、本来の目的である河川管理の面では現状特に問題がなく、安全柵についても水防作業時に支障をきたすおそれがあるという理由で、兵庫県は対策をとりませんでした。

2006年12月、市は「安全・安心」の立場に立ち、独自で道の一部にガードレールを設置し安全対策を講じました(既報)。2007年6月7日、辻本議員は日本共産党大久保後援会の皆さんと一緒に、大久保地域の道路等の問題について市の土木部と懇談し、改めて谷八木川堤防全面の安全対策と舗装の改修について要望しました。土木部は、「まもなく実施する。道の管理について県と協議している」ことを明らかにしていました。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved