INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

つばきの議員が一般質問

2007年6月20日

自衛隊の国民監視活動・教育三法改悪で市の見解をただす

6月20日の本会議質問でつばきの議員は、自衛隊関係者から共産党に寄せられた「自衛隊の国民監視活動」についてただしました。
 共産党のホームページから取り寄せた資料を示し、自衛隊の情報保全隊が「自衛隊のイラク派兵に反対」の行動だけでなく、市民や高校生の平和を求める行動や、イラク派兵に無関係の医療費の負担増や消費税反対の署名活動まで情報収集し、記録していることを紹介し、市長の見解を求めました。
情報保全隊の国民監視活動は、憲法に保障された言論の自由など、国民の幸福追求権などを蹂躙するものであり許されません。
 総務部長が市長に代わって「自衛隊の活動はもっぱら国の専管事項であり、市として、事実関係を正確に確認できる立場になく、見解は差し控える」と答えました。
つばきの議員は、この問題は市民の暮しや福祉に深く影響を及ぼす事でもあり、市長が憲法を遵守する立場であれば政府に抗議をするよう強く求めました。

愛国心などの「徳目」押し付けやめて

教育基本法が改悪されたことを受け、学校教育法、地方教育行政法、教員免許法の3法案が改悪されました。この改悪により、子どもたちに愛国心など数々の「徳目」を押し付け、教師には10年毎の免許更新など人事管理を厳格にします。また、文科省から教育委員会への「指示」権を設けます。
つばきの議員は、今急がれる事は、徳目や免許更新制度で子ども、教師を型にはめることではなく、少人数学級などで、教師がもっと子どもと向き合える時間が必要ではないか見解を求めました。
 教育長は「徳目は、地域社会に貢献しようという意欲につながり、価値観の強制につながるものと考えていない。法改正で市教委への国・県からのかかわりが強くなるのではないかという懸念は、国からの指示権は緊急時に限られており、これは全国で相次いだいじめ問題、履修漏れ問題などで教育委員会の自助努力がなされない場合と理解している。」と述べました。

靖国DVD『誇り』について

つばきの議員は、侵略戦争を美化する要旨が含まれている日本青年会議所作成のDVD「誇り」について、現在までの状況の説明と今後の慎重な対応を求めました。
教育長は、現在まで市内で上映されたり、教材として使用したケースはなく、今後この件について働きかけがあった場合は十分慎重に対応していきたいと答弁しました。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved