INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

市長選挙に三好議員が出馬表明

2007年3月2日

 

「思いつき市政」にストップを!

 日本共産党東播地区委員会・同明石市委員会と明石市会議員団は28日記者会見し、4月22日投票の市長選挙に三好和彦市会議員を党公認候補として擁立すると発表しました。

 党議員団は、北口市長が図書館、市民会館、文化博物館などの民間委託をすすめ、地方自治体本来の役割を放棄していること、地方財政の危機を理由に、敬老優待乗車券・敬老祝い金・母子福祉金の削減など福祉の後退をすすめていることなどを批判しました。

 また、現市長は、財政危機といいながら、総事業費40億円もするJR新駅建設をすすめようとしています。
 この会見で、党議員団が取り組んでいる「新駅建設」に関する緊急アンケートの結果についても発表。1081通の回答があり、2月21日までに届いた938人分の統計で約60%が反対していることを示し、市長選挙で争点の一つとなる「JR新駅」の白紙撤回を約束しました。
 三好和彦市会議員は、現市長の上大池の全面芝生広場や小学校への警備員配置などに見られるように「思いつき市政」、「トップダウン方式」の異常さを指摘し、「市民や職員の意見をよく聞いて意志を反映できる市政にします」と約束しました。
 三好議員は1983年市議に初当選。副議長などを歴任し、現在6期目。現在、総務常任委員、監査委員。明石市国民健康保険運営協議会会長。
 同市長選ではすでに現職の北口寛人氏が立候補を表明しています。

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved