INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

西新町『ホテル』建設反対デモ行進に200人

2006年11月10日

 

市長に公開質問状を提出

 西新町に建設予定のホテルをめぐり近隣住民らが反対している問題で11月10日(金)、住民ら約200名(主催者発表)が西新町から市役所までをデモ行進し、市役所で北口市長に対して公開質問状を提出しました。また、これとは別に、施主の事務所がある西宮市内でも住民約50名(主催者発表)がデモ行進し、計画の白紙撤回を求めました。主催は何れも衣川地区愛護協議会(高山淳子会長)と『西新町ラブホテル建設反対同盟』(勝村雅幸会長)。

 正午頃、住民が南王子公園に集結し、ラブホテル建設反対の意思を再確認。西宮へ行くグループと、市役所へ行くグループに分かれそれぞれ出発しました。明石のデモ隊は、ホテルの建設予定地周辺をとおり、途中「子ども達の環境を守れ!」「西新町にラブホテルはいらない!」とシュプレヒコールをしながら市役所を目指しました。市役所では、衣川地愛協の高山会長が、市長に対する公開質問状を読み上げ市長の代理として対応した稲田助役に手渡しました。公開質問状では、北口市長がこの間行ってきたという山陽電鉄連続立体交差第2期事業の工事ヤードとして建設予定地を借り上げる案(既に不成立)についての交渉経過を明らかにすること、市のホテル審査会で、西新町に建設予定の『ホテル』が、施主が説明している『ビジネスホテル』なのか住民が危惧する『ラブホテル』なのかを審査するよう求めています。
衣川地愛協の高山会長は、「市長のこの間の行動は全てパフォーマンス。実現不可能な話を新聞に発表して住民を裏切っている」と厳しく批判。「ラブホテル反対は住民の総意。白紙撤回を勝ち取るまで力を尽くして闘う」と語りました。


平成18年11月10日
明石市市長 北口寛人 様

衣川地区愛護協議会
会長 高山淳子
西新町ラブホテル建設反対同盟
代表 勝村雅幸

公開質問状

西新町における「ラブホテル」建設反対運動は、すでに2年余にわたり、今も継続した運動が続いています。北口市長におかれましては、私たちの要求、願いに格別のご理解をいただき、市長としてさまざまな斡旋案をご提示していただいておりますことに感謝申し上げます。
 私たちも、施主側との無用のトラブルを避けるため自制し、対話を通じてよりよい方向に事態が推移するよう努力しているところであります。ところが、このたび株式会社山口建築の現場責任者 福田康夫名による「工事概要説明会」への案内文書が、隣接する各戸に突然、届けられていることを知り、私達は大変驚いております。というのは、施主松村敏雄氏から、「ビジネスホテル」だとして地元住民に説明されておりましたが、この間3回の地元説明会が開かれる中で、建物の外観やシングル(1人部屋)が1つも無いなどの理由から、これは「ラブホテル」ではとの質問が相次ぎ、これに対してこれまで十分な説明がありませんでした。とくに昨年3月5日明康殿で開かれた、施主側開催の地元説明会では、施主に依頼され総合司会をされた奥征二氏が、参加されていた住民の皆さんから出された意見を聞き「立面図など設計図そのものを見直している段階なので、この作業が終わった時点で再度、説明会を開く」との申し出がありました。この説明会の内容は、マスコミにも大きく報道され社会的にも大きな話題となりました。
 以上の経緯から、当然、建築工事の説明会に入る前に、住民側の「ラブホテルでは?」との疑念に応えるための説明会が、施主松村敏雄氏の出席のもと、開かれるものだと私たちは期待していました。しかし、そのような説明会は開かれることなく、建設会社だけの説明会が開かれただけであり、私たちはその事に憤りを感じ、本日デモ決行に至りました。
 そこで、市長に下記の質問を申し上げますので回答を宜しくお願い申し上げます。

  1. 平成18年2月6日に行なわれた第2回審査会において、明石市内既存の灰色ラブホテル16件を、ラブホテルかどうか図面上で審査されました。結果、15件がラブホテルと判定され、1件が判定を保留との結論を出されておられます。
      ぜひ、西新町に建築予定のホテルについても審査会において図面をもって審査し、施主の申し立てているようなビジネスホテルであるのか、我々が言っているラブホテルであるのか判定をされ、市民に発表されることを求めます。
  2. 平成18年10月12日の神戸新聞朝刊に、貴殿が県にパチンコ店跡地を山陽電鉄立替地他第2期事業の資材置き場として要望されたことが報道されました。地域住民は大きく期待したものであります。ところが、10月24日の神戸新聞朝刊にて、県がこの資材置き場案は困難であるとの報道がされました。この報道により、多くの市民は不成立を知り、落胆したのであります。
    そこでこの間、市長が施主及び県と、どのように交渉されたのか経緯を、市民にくわしく報告して頂きたい。

【関連記事】
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved