INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

高岡市(富山県)と新潟市への視察報告

2006年10月22日

 

10月17・18日、党市議団は高岡市(富山県)と新潟市に、ものづくり教育と中学校給食の視察に行きました。

伝統産業を学校教育で体験 ものづくり教育(高岡市)

17日は高岡市です。「ものづくり・デザイン科」推進事業は、銅器や漆器の伝統産業・地場産業関係機関と連携して、小、中の全学校に必修教科として、実技体験を取り入れた授業を通し、文化・技術の継承や人材育成と共に地場産業の活性化を目指すものです。経緯は2004年の国の構造改革特別区域計画「高岡市ものづくり・デザイン人材育成特区」に応募し、2005年に認定を受け、(2006年)今年4月からスタート。対象は小学校5・6年生と中学校1年生で、総合学科と図画工作を再編して、「ものづくり・デザイン科」を新設し、年間35時間の授業をおこなうもの。ものづくり教育の特徴は実技体験や授業に地元の職人さん(銅器振興協同組合や銅合金協同組合青年部がバックアップ)を講師にしていることや富山大学や高岡工芸高校など産学官が連携していることです。

また、高岡地域地場産業センターを改修し、漆器や鋳物づくりが体験できる工房を設置し、センターでの授業もしていました。残念ながら当日は学校やセンターでの授業はなく、見学はできませんでしたが、センターで子ども達がつくった錫の花器を見せていただきました。教育次長は「職人さんは自分たちが長年培った技術を子ども達に教えることを喜び、子どもたちも目を輝かせている」と話されていました。そして、今後の課題としては、3年間を通したカリキュラムの作成、実技研修会をもち、教師自身の指導力のレベルアップ、「ものづくりフォーラム」の開催で、ものづくり教育の意義と成果の検証する機会にすることだと発言。今年度の予算は2600万円でした。
また、ものづくり教育を地元新聞が連載しており、当日も取材をしていて、私たちも写真とコメントを求められました。

全中学校で給食実施(新潟市)視察

18日は新潟市の中学校給食を視察しました。新潟市は2001年から昨年10月まで3回合併を行い、14市町村が新潟市を構成し、小学校114校、中学校58校、幼稚園11園、高校が3校あります。中学校給食は旧市町村の方式を踏襲しながら全中学校で実施しており、自校方式(公営)、センター方式(公営と調理業務を民間委託)、スクールランチ方式(民間委託)の3方式があり、旧新潟地区の小学校は自校方式ですが、中学校(28校)はスクールランチ方式です。
私たちが視察をしたのは、町の中心にある宮浦中学校のスクールランチ方式です。これはセンター方式に選択制をとりいれたもので、メニューは2種類から選択することが出来ます。ランチルームで食べる日のご飯やラーメンなどは大盛り、小盛りに対応し、食器も強化磁器製です。
教室で食べる日は、選んだメニューがランチボックスに入っています。勿論、弁当持参の生徒もいますが、全員にミルク(牛乳)給食があります。メニューは市教委の栄養士が作成し、生徒はマークシート(1ケ月分)や、ランチカードにより予約機(1週間前)で画面をタッチして予約し、食券と引き換えます。給食費は1回260円で、現金払いと引き落としによる支払いができます。

給食の利用率は、学校により30〜80%とかなり差があり、保護者への試食会を実施するなど利用率引き上げに努力しているそうです。視察・試食した宮浦中学校は70%の利用で、当日もランチルームで子ども達に話しかけると、「ハンバーグが好き」、「ほとんど残さないなぁ」と好評のようでした。
なかにはおにぎり2個だけの弁当持参の子もいました。教育次長は、「選択を基本にしているが、子どもの要求だとは思うが肉やウインナだけで野菜なしの弁当を“愛情弁当”と言えるのか、考えさせられる」と話されたことが印象的でした。

明石でも中学校給食の実施をという市民からの要望があります。
中学校給食は、成長期の子どもの健康な心身の育成に、また、仕事や介護などの事情で朝お弁当に手をかけられないご家庭への支援としても大きな意味があります。
2007年度の市への予算要望にも上げましたが、今後さらに具体的に提案していきたいと思います。

視察当日の中学校給食のメニュー(1食260円)
A:胚芽パン2個、鶏ささ身フライ、コーンときゅうりのサラダ、わかめの酢の物、スープ、ヨーグルト
B:炊き込みご飯、卵焼き、コーンときゅうりのサラダ、わかめの酢の物、スープ、ヨーグルト
(A・Bのどちらかを選択。このほかに、全員にミルク給食の牛乳200mlがつきます。)

ランチボックス。作って30分以内に学校に届けられるので暖かいものが食べられる。

食券の販売機で、食べたい日だけ注文する。

掲示されたメニューはカラー写真付。

ランチルームで給食を受け取る生徒たち
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved