INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

上大池の利用は市民の声を生かして

2006年9月15日

 

市ホームページで意見の募集も検討

芝生広場として整備することが明らかになっている上大池(大久保町松陰)の利用について、市は今後、公募市民と各種関係団体代表に学識経験者であるコーディネーターを加えた『ワークショップ』で議論するとともに、市のホームページで直接意見を募集することも検討するとの見解を示しました。9月15日、市議会本会議での辻本たつや議員の質問に対しての都市整備部長の答弁です。

上大池は、阪神・淡路大震災の瓦礫処分場として市が地元財産区から取得。既に埋め立ては完了し、当初の目的を達成した状態にあります。今年3月に行われた市議会で、芝生広場として整備する計画を市が提案。「利用方法は広く市民の声を聞くこと」との条件を付して議案は可決されました。

しかしその後、地元財産区・自治会と明石市との間で、同池の跡地利用については3者で「計画的に協議する」旨が記された確約書の存在が発覚。地元との約束を反故にし一方的に計画を進めようとする市の対応に地元関係者から批判の声があがっています。

市は、地元に対するこの間の対応について陳謝し計画について説明したが理解が得られていないと現状を説明し、さらに理解が得られるよう努力するとの考えを明らかにしました。
尚、計画の概要については、10月1日発行の『広報あかし』と市のホームページで公開される予定です。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved