INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

上大池跡地利用は市民の声を生かして

2006年8月28日

 

建設企業常任委員会報告

8月27日、建設企業常任委員会で、上大池広場の整備について報告がありました。
6月議会で土地開発公社から利息も含めて14億7000万円で買い戻した、大久保町松陰のため池2.7ヘクタールを芝生広場にする設計案の説明を受けました。設計案は、中央部に平坦な部分を設け、周囲には起伏をつけて芝生を張り巡らせた広場として整備し、散策を楽しめる園路を設け、北側は多目的広場で臨時駐車場(100台)スペースとしても利用できるようになっています。
費用は、造園工事として、芝生広場、多目的広場、駐車場40台、植栽など1億2000万円です。建築工事として、管理棟、倉庫、トイレなど5000万円です。
広場の利用方法を検討するため、公募による市民もふくめ,各種団体の代表など十数名で構成されたワークショップを3回程度開き、来年3月までにまとめたい旨の報告がありました。

各委員からは財産区との覚書(確約書)の法的拘束力や調整について意見がだされました。95年4月に市が地元財産区や自治会に出した確約書で、市は「跡地利用については計画時に地元と協議する」と明記していたが、上大池跡地利用について確約に反して事前協議をしていません。
沢井きよみ議員は、芝生広場の利用形態や管理について質疑し、芝生広場は公園やミュージアムの併設が一般的で、芝生広場だけというのはファミリーにとっても利用しにくい。しかも、芝生の維持は、幼稚園でも小・中学校でも大変だと聞いている。維持管理に毎年2400万も経費がかかる。まして、きちんと地元調整がついていないなか、もっと慎重にすべきではないかと発言しました。

資料:上大池跡地の芝生広場イメージ図

>>以前の関連記事
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved