INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

「昼間の普通電車の本数をもとにもどす」ことを求め交渉

2006年6月26日

 

「朝霧駅の安全と利便性を守る会」がJR西日本と

「朝霧駅の安全と利便性を守る会」(森原健一、沢井きよみ代表)は、6月26日、JR西日本神戸支社に対して「昼間の普通電車の本数をもとにもどす」ことを求める要望書を、3116筆の署名を添え、その実現を求め本社に伝えるよう交渉しました。
JR西日本は、福知山線列車脱線事故から1年、今年3月18日から「安全第一」を理念として、ダイヤ改正をおこないました。その際、神戸線では、11時から15時までの4時間、西明石行きの普通電車の半数を須磨止まりにしたことから、朝霧駅では、上下線とも1時間8本あった電車が4本に半減しました。
結果、「不便になった」「接続が悪くなった」などの声がよせられていました。

交渉には11名が参加し、JRに対し、「安全」と引き換えにサービスを切り捨てる営利優先の体質が変わっていないことを指摘するとともに、署名運動の中で寄せられたホームのベンチの増設、待合室の設置、快速電車の停車などの要求についても、その実現を求めました。
また、いきなり警察官を呼び、署名活動を妨害した明石駅長の行為を厳しく批判しました。

>>以前の関連記事
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved