INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

就学援助制度 市教育委員会への申請も可能に

2006年3月8日

 

 明石市教育委員会は、新年度から就学援助の申請を直接受けることにします。3月議会本会議で、ゆはら季一郎議員の質問に答えたものです。
  今までは、援助の申請については学校を通じてしか認められていませんでしたが、06年度より教育委員会でも受け付けることとなったものです。

 教育長はゆはら議員の「直接申請を認めよ」との質問に次のように答えました。
「就学援助の受給数が増えているなかで、事務の簡素化について検討を重ねてきました。その結果、兄弟の場合は一括した申請で認定することとするなど、学校の事務量の軽減と改善に取り組んでまいります。また、保護者の利便性を考え、申請の受付場所を、教育委員会まで広げる方向で対応してまいりたい、このように考えております。」

 就学援助制度は、憲法第26条の「義務教育は無償とする」の規定に基づき、小中学生のいる家庭に入学準備金、学用品費、給食代などを援助する制度です。
小泉「改革」のもとで貧困と社会的格差が拡がり、生活保護世帯が全国で過去8年間に2倍以上に増えています。
 明石市での就学援助の現状は、援助率16.7%、援助者総数は4352名にのぼり、10年前の2倍以上の人数になります。

 ゆはら議員は、窓口の拡大とあわせて、就学援助受給の基準を引き下げ、対象を拡げることを求めましたが、教育長は、他市と同様に生活保護を基準としているのでご理解をいただきたい、と答えました。


■資料:貧困と社会的格差の拡大を示す生活保護者数と、就学援助数の変化

明石の生活保護動向 H6年度 7年度 8年度 9年度 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度
非保護者数(人数) 2324 2291 2324 2400 2530 2855 3230 3591 4008 4473 4765
保護率(‰) 8.2 8.0 8.0 8.2 8.6 9.7 11.0 12.3 13.7 15.3 16.3
グラフ:明石市の生活保護動向(画像を別画面でひらきます)

明石市の就学援助の状況 H8年度 9年度 10年度 11年度 12年度 13年度 14年度 15年度 16年度 17年度
援助者総数(人数) 2037 1954 2227 2571 2979 3257 3587 3988 4221 4352
援助率(%) 7.26 7.05 8.17 9.57 11.26 12.44 13.79 15.32 16.33 16.75
グラフ:明石市の就学援助の状況(画像を別画面でひらきます)

■ゆはら議員の3月議会での質問詳細へジャンプします
 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved