INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

親子つどいの広場『てくてく』大久保につづき
魚住、二見にも常設化

2006年3月28日

 

産業交流センター(大久保)は駐車料金を値下げも

 明石市は、来年2月にオープン予定の常設型親子つどいの広場(仮称)『てくてく大久保』を設置する明石市産業交流センター(大久保町ゆりのき通1丁目4−7)の駐車料金を、現在の30分150円から100円に50円引き下げることを明らかにしました。

 また、今後の常設型『てくてく』の設置拡大については、2009年度末までに魚住、二見にも広げる考えを示しました。3月定例市議会本会議、辻本たつや議員の質問により明らかになったものです。

 親子つどいの広場(仮称)『てくてく』は、0〜3歳児をもつ親と子が気軽に集い、交流を図り、育児相談、情報提供などを行う場として、昨年7月から移動プレイルームとして毎月大久保、魚住、二見で各1回実施されてきました。どの会場も好評で、毎回多くの子どもたちと親が集い楽しい時間を過ごしてきました。

 日本共産党のつばきの利恵、辻本たつや市会議員は、今年1月、魚住市民センターで行われた「てくてく」を視察。参加者から「月1回では少ない。回数を増やして欲しい」という声をたくさん聞きました。辻本議員は拡充を求める声を本会議で紹介し、常設型『てくてく』の設置拡大を強く求めました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved