INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

明石市子どもの読書活動推進計画

2006年1月16日
 

つばきの議員が策定委員会を傍聴

 1月16日、第9回『明石市子どもの読書活動推進計画策定委員会』が開かれ、日本共産党のつばきの利恵議員が傍聴しました。この計画は、2006年7月をめどに、公募の委員を含め14名の委員で検討されています。2000年に実施された、OECD生徒の学習到達度調査で、日本の児童生徒の学力が下降しているところから出発しており、国から策定が義務付けられているものです。(写真:図書館を調査するつばきの議員)

1日に2時間以上読書をする子は5%

 読書は、基礎学力の向上と物事の本質や核心をとらえる能力が養われると言われており、読書活動を生活の中にどのように位置づけるかが重要な課題となっています。第50回学校読書調査では、1ヶ月に小学生7.7冊、中学生3.3冊、高校生8冊読んでいるとされています。しかし、1冊も読まないとこたえたのは、全国平均で小学校7%、中学校19%です。明石市の調査では、5年生で12%、中学生で28%となっていますが、逆に1日に2時間以上読書をする子は5%になっています。政治経済だけでなく、この分野でも2極化が進んでいるようです。

学校図書館の地域への開放

 委員から「公共施設に図書コーナーを設置して欲しい」との意見が述べられると、他の委員からも「子どもの居場所として必要だ」「広さの確保が出来るのか」など活発な意見が出されました。また「学校図書館の地域への開放」が提案されると委員長は「今は、目的外使用で利用できないが、少子高齢化ののなかで、学校を中心とした複合化を、文部科学省は望んでいる」と述べました。

明石市には図書館は2館だけ

 図書館は人口10万人に1つ必要であると言われていますが明石市には2館しかありません。読書は本が読みたいときにいつでも読めるように、身近に本のある環境づくりをすることが重要です。私は、学校図書室の本の増冊と専任司書教諭の配置など学校図書室の充実を12月議会本会議質問で求めてきたところでが、委員の皆さんの発言は同感できるものばかりで計画策定に期待しています。



資料:2002年 OECD生徒の学習到達度調査(PISA)(OECD:経済協力開発機構)
問:あなたは毎日、趣味としての読書をどのくらいしますか
割合
国名 趣味で読書しない
30分未満 30分以上1時間未満 1時間以上2時間未満 2時間以上
日本 55.0 17.8 15.4 8.2 3.5
イギリス 29.1 35.7 22.9 9.4 2.9
フランス 30.0 27.5 28.6 10.6 3.4
アメリカ 40.7 31.2 16.2 8.1 3.9
韓国 30.6 29.6 21.9 12.0 6.0
フィンランド 22.4 29.1 26.3 18.2 4.1
アイルランド 33.4 30.9 20.4 11.6 3.8
オーストラリア 33.1 30.5 20.5 11.8 4.1
イタリア 30.7 30.2 22.5 13.0 3.7
カナダ 32.7 33.7 20.4 9.6 3.6
ドイツ 41.6 27.0 18.0 8.8 4.6
ニュージーランド 29.9 36.6 19.4 10.4 3.7
OECD 平均 31.7 30.9 22.2 11.1 4.2
総合読解力得点
国名 趣味で読書しない 30分未満 30分以上1時間未満 1時間以上2時間未満 2時間以上
日本 514 539 537 541 530
イギリス 485 533 559 556 528
フランス 472 519 533 539 514
アメリカ 479 530 531 539 511
韓国 503 529 536 544 539
フィンランド 498 542 568 577 584
アイルランド 491 536 558 556 541
オーストラリア 484 537 564 575 558
イタリア 461 498 509 502 509
カナダ 498 544 564 575 550
ドイツ 459 518 532 543 501
ニュージーランド 494 544 563 570 553
OECD 平均 474 513 527 526 506

資料:グラフ:学校から帰って一日どれくらい読書するか(市教委調べ)

このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved