INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

放置自転車対策 建設委員会で可決

2005年12月20日

歩道に放置された自転車

路上の柵に係留した自転車

条例改正で『鎖』切断可能に

  駐輪禁止区域に放置された自転車で、街路樹やガードレールなどに鎖で係留しているものが増えていることから、その鎖を切断する事を可能にする条例改正案が12月議会に提案されました。12日に行われた建設常任委員会(委員長:三好和彦議員)で審議され可決。19日の本会議でも全会一致で可決されました。新しい条例は、2006年4月1日から施行されます。

  駅前などの駐輪禁止区域に放置された自転車を、市は随時撤去していますが、最近では撤去を逃れるため、ガードレールや街路樹に鎖で係留した事例が増えています。市の駐車駐輪対策課によると、新条例施行後でも直ちに鎖を切断する事はせず、警告札を貼り一定期間を待つということです。

法的問題、補償などの発生は

 日本共産党の辻本たつや議員は、違法に駐輪されたものとは言うものの、個人の所有物を切断し使用不能にする事は法的に問題はないかと質しました。市は、違法駐輪自転車を撤去する作業の付随行為であるから保証等の問題は発生しないとの見解を述べました。

 
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved