INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

Tacoバス(コミュニティバス)の本格運行が決定

2005年11月28日
 

運行地域拡大 利用しやすい料金設定も

 明石市土木部交通政策室は、社会実験運行が行われてきたコミュニティバス(愛称Tacoバス)の本格運行を決定した事を11月 日に開かれた建設常任協議会(委員長:三好和彦議員・委員:辻本たつや議員)で報告しました。
 『Tacoバス』は、市西部(大久保・魚住)の交通不便地域縮減と市民生活の活性化を図るとともに、高齢者など移動制約者の移動手段確保による社会参加促進や、マイカーなどからの転換による環境負荷の軽減を図ることを目的に2004年11月から実験運行されてきました。

1日平均600人が利用

 市の報告によると、2005年1月に実施した利用者アンケートで「本格的に運行すべき」との意見が98%、さらに、同年7月の市民意識調査では、本格運行について「賛成」が67%で利用者および市民ニーズが非常に高いことがわかりました。また、月ごとの利用者数は、実験開始以降増え続け、本年10月31日までの1日平均利用者数が、約600人と多くの市民が利用していることが明らかになりました。

運行ル−トを一部修正し便利に

画像:運行ルート表
PDF版の運行ルート表を開く(692KB)

 運行ルートについては、これまで実験運行されてきたものを一部修正し、魚住駅北側と南側を別系統にします。2008年には、同駅南側に駅前広場が新設されることからバス停を設置する予定です。魚住駅北側では、青葉台方面を走る系統(Aルート)と、清水方面を走る系統(Bルート)に分け更なる利便性の向上を図ります。また、大久保駅―魚住駅間を走る系統(Cルート)についても、八木遺跡公園前を通るルートを追加し、交通不便地域の緩和を目指します。

お得な料金設定も

 料金は、実験期間と同じく100円(一部2.5Kmを超える区間は200円)で、子どもは半額の50円。本格運行と合わせて専用の回数券を導入します。また、当日のみ有効の1日フリーパス券も導入しさらに便利になります。

 建設委員長を務める三好議員は、八木遺跡公園前を通るルートを追加することについては賛成だが、公園から帰る際に魚住駅を経由して帰ることになるのでは不便すぎると指摘。改善すべきであると述べました。これに対して土木部長は、本協議会に提出した運行ルートは案であり、今後地元自治会や関係機関と調整を行い、ご指摘の問題についても検討し、さらにルートを変更する可能性があると述べました。

運行地域の拡大めざし全力!

 コミュニティバスの今後の展開について市は、市民ニーズが強いことなどから今後2ヵ年で策定する「明石市総合交通計画」において、他地域への導入について検討を進めていくとしています。
 日本共産党市会議員団は、今後も引き続き市民の皆さんと協力して、交通不便地域の解消のため、運行地域の拡大を目指します。

<料金体系>
☆現金☆

Aルート(青葉台方面):100円(小児50円)均一
Bルート(清水方面):100円(小児50円)均一
Cルート(大久保―魚住):実験中と同様の100円(2.5kmを超える区間は200円)・小児は半額
☆回数券☆

明石市コミュニティバス専用回数券を導入
○200円券×11枚(発売額2000円 1割引き)
○100円券×11枚(発売額1000円 1割引き)
☆1日フリーパス券☆

当日限定で自由に乗降できる乗車券を導入
料金:大人400円、小児200円
親子ペア券500円(大人1人+小人1人)
※ Aルート、Bルート、Cルートは、それぞれで乗車料金が必要。
各ルートを乗り継ぐ場合は、1日フリーパス券を購入すると便利です。
以前の関連記事>>Taco(たこ)バスの試験運行始まる
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved