INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

西新町「ラブホテル建設反対同盟」が
運動の継続をアピール

2005年06月10日

写真:クリックで大きな画像を新たな画面で開きます 写真:クリックで大きな画像を新たな画面で開きます

 西新町3丁目に建設予定の「ホテル」について、「シングルが1部屋もない」などを理由に「ラブホテル」であると判断し反対している問題で、「西新町ラブホテル建設反対同盟」は6月8日(水)、建設予定地周辺に「ラブホテル建設反対」と書かれたノボリ60本を新たに設置しました。
  ノボリは「西新町ラブホテル反対同盟」、「王子校区連合自治会」、「衣川地区愛護協議会」の3団体の連名によるもの。現在、施主からは何の連絡もなく、問題がこう着状態にあることから、ノボリを立てることによって運動が継続していることを多くの市民に知ってもらうことが狙いです。当日は、平日にもかかわらず多くの近隣住民が参加しました。ある住民は「『最近どうなってるの?』とよく聞かれる。『もっと派手にPRしたほうが良いんじゃないか』という声も聞いている。このノボリで運動をさらに広げて盛り上げていきたい」と語っています。

県の関係機関に申し入れ書を提出

 また「反対同盟」の森会長は、この日の前日(7日)に明石警察署と明石健康福祉事務所に対して「適切な対応を講じること」を求める要望書を提出したことを住民に報告。住民からは、その際の警察と健康福祉事務所の反応について聞かれると「どちらも住民の立場で対応すると言ってくれている」と述べました。さらに、今年度から明石市内にあるホテル・旅館等の立ち入り調査を明石健康福祉事務所が担当することになったことが報告されると、住民からは期待の声があがっていました。
 「反対同盟」では、やれることは全てやるという構えで、次なる「秘策」の準備を進めています。また、ノボリについてはさらに40本追加するとしています。


以前の関連記事>>西新町ラブホテル反対同盟 市に回答・要望書を提出
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved