INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

西新町ラブホテル建設反対署名5075筆
地域住民が提出

2004年11月22日

市に最大限の協力を強く要請

写真

西新町3丁目に「ホテル」が建設されようとしている問題で11月9日、地元の王子校区連合町内会、衣川地区愛護協議会など15団体が連名で明石市に対して「施主が白紙撤回を含めて計画変更をしてくれるように」最大限の努力要請する申し入れ書を反対署名5075名分(第一時集約分)とともに提出しました。当日は、地元住民約20名と市議会から辻本たつや議員(日本共産党)、出雲晶三議員(新風次世代)、新田正彦議員(自由クラブ)が出席。市からは伊藤助役、婦木政策部長兼広報公聴課長らが出席し対応しました。

住民からは「施主はビジネスホテルと言っているが間違いなくラブホテル」「西新町にラブホテルは要らない」など、次々と意見が出されました。これに対し伊藤助役は、これまで行われてきた「事前協議」について説明。また「この地域は近隣商業地域。残念ながらラブホテルでも法的には問題ない」と説明をしました。これに対し住民からは「ラブホテルなら風営法にかかるはず。」と適切な対応を求める意見も出されました。風営法によれば、学校などの公共施設から200メートル以内の場所には「ラブホテル」を建てる事ができないことになっています。今回の「ホテル」建設予定地近くには、衣川中学校や大観小学校がありますが、この2校は、建設予定地から微妙な距離にあります。

住民からの切実な声を聞いた伊藤助役は「皆さんのご意見と署名は、必ず北口市長に届ける」と約束し、近隣の学校との距離についても「再度確認する」ことを約束しました。

10月1日に行われた住民説明会以後、地域住民の「ラブホテル建設反対」の声は大きく広がり、運動も発展しています。私たち日本共産党も、引き続き地域の皆さんとご一緒に「ラブホテル建設反対」運動を応援しがんばってまいります。

【関連記事】
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)

E-mail info@jcp-akashi.org
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved