INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

西新町3丁目ラブホテル問題
施主 住民説明会を再々キャンセル

2004年11月16日

「私たちの町にラブホテルはいらない!!」
建設反対の怒りの署名始まる

写真

10月1日に行われた地元住民に対する説明会で「シングル(一人部屋)が全く無くラブホテルだ」、ビジネスホテルなら「フロントを一階に」「シングルを半分つくること」を住民側は要求。これに対して施主側も次回説明会までに検討すると確約。ところが次回説明会の日程を施主側は、再々にわたってキャンセルしています。

施主側の不誠実な対応に怒り

施主側は、『ビジネスホテル』の事業計画を「宿泊客は回転率が低く収益があがらない」「周りに大きな企業がないので、出張などのビジネス客は期待していない。家族ぐるみで楽しんでもらえるレクリエーション施設を充実し、レストランも利用してもらう」と述べています。本来、ビジネスホテルとは、駅前など便利な場所に立地し、客室のほとんどが一人用の洋室で、売上げに占める宿泊の割合が6割以上占めるのが目安とされているようです。しかし、今回のビジネスホテルは「宿泊客が主でない」「15坪の狭いレストランでくつろいでもらう」など、施主側の説明を総合的に判断すると『ビジネスホテル』ではない全く別の『ホテル』であることは明らかです。これなら『ラブホテル』と言われても仕方ないのではないでしょうか。

一致した反対運動が計画阻止の最大の力 

明石市は、「予定地は商業地域と近隣商業地域で法律上、建設を止めることができない」との見解を表明しています(10月14日付神戸新聞)。

さきのゲームセンター建設をめぐって、市長、教育長と施主側との間で交わされた合意文書では「建設は所要の法的要件を満たしているが、施設への住民の理解が得られない状況のもとでは、建設工事を進めることは望ましいことではない」として「工事中断、代替施設誘致」にむけて来年3月末をめざして努力することが合意されました。

ゲームセンターの場合、建築許可がだされ基礎工事が完了した段階で、工事ストップ130日、そして今回の合意内容です。住民の反対運動の広がり高まりが、行政を動かす全国でも珍しい大きな勝利をかちとった力です。

今回の場合は、建築許可申請はまだ提出されていません。施主側は、地元住民の「責任ある説明を」との要求を一日のばしにしています。ラブホテルへの疑惑はますます深まるばかりです。地域ぐるみの反対運動を急速に盛り上げ、ラブホテル建設計画を断念させましょう。

【関連記事】
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)

E-mail info@jcp-akashi.org
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved