INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
あかしNOWインデックスへ

硯町ゲームセンター問題で
セガアミューズメントから回答書

2004年8月10日

セガ「白紙撤回はできない」
慇懃無礼な回答に参加議員から怒りの声

写真:セガの説明を聞く議員

硯町のゲームセンター問題で、白紙撤回を求める申し入れ書を提出していた明石市議会5会派9名の議員に対する回答書が8月10日、セガアミューズメント担当者から各議員に手わたされました。

回答書にはこれまでと同じく「全国約500箇所にアミューズメント施設を設置させて頂いておりますが、その何れにおきましても、不健全な交流・少年非行の温床となっているような施設は無い」ことを強調。あらためて白紙撤回はないことを明らかにしました。

川本木材・大和ハウスが了承するならセガは撤退する

またセガの担当者は、今回の回答に至った経緯について、川本木材と大和ハウスの3者間で話し合いを行い「撤退も含めて協議した」ことを明らかにしました。その際川本木材側は「セガ以外には土地活用のめどが立たない」事を理由に、また大和ハウスはこのまま計画が白紙になれば「3社のなかで損失が最も大きい」(セガ担当者談)ことからそれぞれ白紙撤回できないという結論に達したということです。しかし、セガとしては「現時点でも他のテナントが見つかるなど条件がそろえば、撤退する用意がある」としています。

「説明会開催し、誰も来なければ工事再開する」 川本木材 住民の声を無視し工事を強行する事を示唆

 またセガは、川本社長は「現時点ではセガしか考えられない」とし「もう一度説明会を開き、誰も参加者がなければ当初の計画通り工事を行う」意向であるということを明らかにしました。これについて「工事を強行するということか」と議員からの質問があり、セガは「強行ということではなく、この間説明会を開く意思を示したが誰も来ていただけなかった」と誠意は尽くしたと言わんとする発言。これに対して複数の議員から「今でもみんな白紙撤回を望んでいる。説明会に来てくれないのは当然。何故いかなければならないのか。地域の事をもっと考えろ」と厳しい発言が相次ぎました。

また、少年犯罪の発生など様々な問題が発生する事が考えられるが「何か問題が発生した時に責任が取れるのか。近隣への迷惑は考えているのか」との発言に対してセガはまともに応えることができませんでした。

議員有志一同 引き続き反対の声強める

今回の回答をうけ、交渉に参加した各議員は今後の対応について、「ゲームセンターは青少年の健全育成を阻害する」ことから運動を広げ進めていくことを確認。川本木材、大和ハウスに対しても、それぞれ申し入れを行うことを確認しています。


<セガからの回答全文>

平成16年8月10日
株式会社セガアミューズメント
代表取締役社長 田副 康夫

回答書

梅雨明けて息つく間もないこの暑さでは誠に耐え難いと存じますが、ますますご繁栄の事お喜び申し上げます。

この度弊社が明石市硯町に計画しております、アミューズメント施設の出店に関しまして、平成16年7月8日付の「申し入れ書」を拝読させて頂きました。

私どもはアミューズメント業界のリーディングカンパニとして,不良の溜まり場といわれたゲームセンターから脱却し、小さなお子様からご年配の方々まで、安心して余暇を楽しんでいただく場を提供することを目指し、これまで業界を牽引して努力して参りました。実際に弊社が展開しております施設においては、おじいさんがお孫さんの手を引いて遊びに来られる光景は日常的なものとなりました。近年においては「ファミリーエンターテイメント」と「スポーツエンターテイメント」を標榜しより安心・安全・健全な遊空間作りを社をあげて行っております。また、どんなに技術革新が行われ遊び方やライフスタイルが多様化しようとも、人々が集まり・繋がり・憩う「遊び場」を提供させて頂く事は、人々の楽しく豊かな人生を送る一助となる事を確信しており、それこそが弊社の存在意義であり、また社会的役割と考えております。

それ故に、今般弊社アミューズメント施設が出店することに対しまして、地域住民の皆様からご支持を得られていない旨の申し入れを頂戴いたしました事は、誠に残念でなりません。弊社は全国約500箇所にアミューズメント施設を設置させて頂いておりますが、その何れにおきましても、不健全な交流・少年非行の温床となっているような施設は無いと自負しております。仮にそのような施設だとすれば、それらが地域社会に受け入れられるはずもなく、また弊社も社会的な制裁を受け存続しえないと考えます。

しかしながら一方で、地域住民の皆様がご懸念されている部分として、弊社のアミューズメント施設が「娯楽」の施設であることは事実であり、地域住民の皆様のご心配もご尤もかと深く受け止めております。

つきましては、地域住民の皆様と協議の場を持ち、地域住民の皆様がご理解頂ける安心・安全・健全な施設内容とすることで、当該計画の推進にご理解を賜りたくお願いする次第で御座います。明石市の青少年健全育成、並びに明るく活気ある街づくりに貢献しつつ、楽しい施設づくりを行うことをお約束致します。

何卒皆様のご理解、ご高配を賜りたくお願い申し上げます。

以前の関連記事:>>硯町ゲームセンター建設 住民の反対運動で工事がストップ
このページの上へ  

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)

E-mail info@jcp-akashi.org
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved