INDEX 日本共産党明石市議団
議会報告請願陳情政策提案あかしNOW街かどフォーラム議員紹介コラムリンク
 
街かどフォーラムINDEXへ
官房機密費問題で訴える 
2002年4月14日

 

 ご町内のみなさんこんにちは、日本共産党の明石市会議員団でございます。しばらくご当地をお借りいたしまして、ごあいさつと訴えをさせていただきます。ご清聴とご協力をお願いいたします。
 既にご存知かもしれませんが、官房機密費の詳しい使い方が明るみになりました。日本共産党の志位委員長独自に入手した内部文書を公表しました。
 そもそも機密費とは、支出先の証明や使用目的の公開も不要で、領収書も不要とされています。官房機密費であれば官房長官に支出した段階ですべての手続きが終わりとされています。2年度予算で官房機密費が14億6千万円、外交機密費が33億4千万円。外務省機密費から20億円が首相官邸に上納されていると言われています。
 この公表された文書は宮沢喜一内閣で加藤紘一氏が官房長官を務めて時期、91年11月から92年12月までの14ヶ月の会計記録の一部であり、官房長官が自由裁量で使った機密費の使用明細であることを十分な根拠をもって確認できたと、志位委員長は述べています。
 公表した資料は、

  1. 14ヶ月分の金銭出納長
  2. これを整理した月別の収入・支出表
  3. および目的別の分類表

で、総額は1億4300万円にのぼっています。

 志位委員長は機密費の実態について、「そのほとんどは、国民の税金の支出として許されない、不当きわまりないものである」と指摘しましたが、その理由として
 第一に「国会対策費」という分類で、3574万円が支出されていると指摘。主なものは「英国屋(権藤、二見、鶴岡)160万5000円」、「英国屋(黒柳明)100万円」など公明党議員の名前が記載されています。自民党向けでも「総務会メンバー39人(背広)1170万円」などの記録が残っています。これらは自民党の党内対策、野党対策など、党略的対策に使われたことを示しています。
 第二に、政治家への政治資金のばら撒きとして使われていることです。「パーティ」と分類された3028万円の多くは「励ます会」「出版記念会」などに支出されていました。
 第三は私的費用への流用です。「長官室手当」「秘書官室手当」など総額1662万円が職員給与支給日に支出されており、闇給与の疑いが強いこと、「長官地元入り経費」245万円、「日比谷高校会費」1万円など私的に流用されていることをあげました。

 志位委員長は「この資料をつうじて[国家機密]として弁明しうる支出項目は一つもなかった」として、とうてい説明のつかないものであるとしています。
 また小泉首相にたいしては

  1. 機密費の使用実態を公開せよ
  2. 党略的、私的流用を行わないことを約束せよ
  3. 「上納」問題の真相を調査し、公表せよ

と、国会に対しては、機密費問題を集中的に解明する場を設け、国民への責任を果たすよう求めています。
 日本共産党はムネオ疑惑、加藤疑惑とともに、この機密費の疑惑解明のために全力をつくしてまいります。みなさんのご支援をよろしくお願いいたしまして、訴えを終わらせていただきます。ご清聴・ご協力ありがとうございました。>>この問題を詳しく

 
ページTOPへ

JCP-Akashi 日本共産党明石市会議員団
兵庫県明石市中崎1-5-1 明石市役所内
TEL078-912-1111(2185)
Copyright ©2001 JCPAkashi Shigidan.All rights reserved